ハッピーメール返信率の高いメッセージの書き方

ハッピーメール返信率の高いメッセージの書き方

ハッピーメールをはじめ、どんな出会い系サイトでも返信率の高いメッセージの書き方というものが存在します。逆に返信ゼロの書き方なども紹介していくので、是非併せてチェックしてみてください。返信率の高いメッセージの書き方をチェックして、返信率を大幅にアップさせていきましょう。

 

まずは返信率ゼロの書き方

1.とにかく読みづらいメッセージ

行間がなかったり、逆に行間ばかりを取った文章ほど読みにくいものはありません。適度に改行を入れて、読みやすい工夫が必要になります。

 

そして、ダラダラと同じテンションで句読点で終わってしまう文章はまるでビジネスメールそのもの。つまらないメッセージになってしまうので、これを避けるとメリハリのある読みやすいメッセージになります。文章だけでアクセントをつけるのはちょっと難しいので、「!」や「!?」などの記号を上手に駆使します。

 

2.誰も聞いていないのに恋愛遍歴を語りだす

これ。
たとえば、「三ヶ月前に彼女と別れた」「彼女と別れて以来、恋人が出来ずに〜・・・」といった内容です。誰も聞いていませんし、ハッキリ申し上げてどうでもいいです。更に、これは書き方によっては”俺はモテない男なんです”と読み取れるので書かないのがベターです。ネガティブな印象を植え付けてしまう恐れもありますし、そもそも恋愛遍歴なんて暇で暇でどうしようもないときに聞く話しであり、出会い系サイトのメッセージにわざわざ書き起こすものではありません。

 

3.自己アピールが足りない

自己アピールしかないメッセージも読んでてウザいのですが、この自己アピールがまったく無いというのも問題があります。メッセージは、自分に興味を持ってもらう機能の1つでもあります。それなのに、自己アピールが無いと「結局この人はどうしたいんだろう?」「この人はどういう人なんだろう?」と疑問だけが残るメッセージになってしまいます。

 

自分のことをただ書くのではなく、どういった人を探していて、自分はどういった長所があるのか、自分とはどういう人なのか、こういった自己アピールを一緒に載せておくとメッセージ1つでその人がどういう感じなのか伝わるので親切なメッセージになります。それで興味が沸いたらプロフィールを確認、ということに繋がるので是非自己アピールも入れておくようにしましょう。

 

4.もうとにかく消極的

女性によっては、「私のことをリードしてくれる頼もしい男性♪」を探していることが多いですし、実際に「お前をリードしてやる、俺に任せておけ!」という頼もしい男性はモテます。

 

メッセージでは「もし宜しければ」といった感じで受け身ですか!と捉えられるようなワードは出来るだけ使わないほうが無難です。かといって「お前をリードしてやる、俺に任せておけ!」とそのまま入力するとただ乱暴な人にしか見えないのでこれをこのまま使ってしまうのもNGです。

 

消極的な文章を使うのではなく、頼もしい男性を演じるような文章を使うと良いですね。優柔不断・なんだか頼りない、こういったイメージを持たせてしまうと損してしまいます。丁寧で誠実、だけどどこか頼もしい文章というのが理想ですね。

 

返信率アップする方法

◆タイトルの工夫◆

大勢の男性からアプローチされるのが女性ユーザーになります。当然ですが、メッセージも1日にたくさん送られてくるのです。

 

そこでタイトルが「はじめまして」「こんにちは」「プロフィール拝見しました」といった月並みのものではまったく興味がそそられませんし、他の人と差別化を図ることも出来ていないため閲覧されることなくほかのメッセージに埋もれていく・・・なんてザラにあります。

 

そこで、「ん?なんだろう?」と思われるタイトルを工夫してみてはいかがでしょうか。たとえば、どういった人がタイプなのか、自分はどういう人なのか、更に相手との共通点などをタイトルに書いてしまうのです。

 

「メル友を募集しています」「よく〇〇と言われます」「僕も××が好きなんです」といったタイトルになります。これだけで「はじめまして」「こんにちは」タイトルとは違う雰囲気を醸しだしているためメッセージを読んでくれる確率も大幅にアップします。

 

◆プロフィールを完璧に仕上げておくこと◆

関係ないようですが、多いに関係あるプロフィール。いくら魅力的なタイトルで面白いメッセージを送ったとしても、プロフィールがあまりにも酷いものだと返信する気も失せてしまうというものです。

 

女性ユーザーの殆どは、まず興味がある男性のメッセージや掲示板の投稿をクリックしてその内容をチェックします。そして、その人に返信するかどうかを決めるのはプロフィールなのです。このプロフィールの印象が良ければメッセージを送ってきてくれるという流れになります。ですので、このプロフィールが「ヒミツ」ばかりだったり、雑に書かれたものであるとせっかく興味を持ってくれたのに返事をもらうことが出来ません。

 

メッセージも掲示板の投稿も、日記のコメントも、全てプロフィールをチェックしてもらうための前戯でしかないのです。色んなものが完璧でも返事がない!という方はもう一度プロフィールを見直してみてはいかがでしょうか。モテるプロフィール、プロフィール攻略法などを色々参考にしてみるとより100%に近いプロフィールを作成することが出来ますよ。

 

◆自分の名前をいろんな場所で覚えてもらう◆

掲示板や日記のコメントがコレになります。

 

掲示板では1日1度無料で投稿できるようになっているので、是非1日1度は投稿をしてみましょう。掲示板の投稿というのはあまり読まれないものなのですが名前は絶対に掲載されるので、すこしでも露出を広げるためと思って活用してみましょう。

 

そして、出会いツールでもある日記なのですが日記の利用は投稿・閲覧・コメント全て無料で利用できます。日記のコメントを残して名前を覚えてもらったり、そこから話が盛り上がって個人的にメッセージのやり取りをすることも可能になるのでこちらも行ってみましょう。「これ!」という相手が見つかるまでは掲示板も日記もコツコツ続けることが大切です。

 

 

ファーストメッセージのコツ

1.メッセージの中には必ず相手のニックネームを入れること

返信率がアップするのがコレです。

 

自分の名前があると、文章にオリジナリティが出てくる上に「これ一斉送信したでしょ?」「コピペ・・・?」と思われるのを防ぐ役割もあります。無理に入れるのもおかしいので、冒頭で「〇〇さん、はじめまして」といった具合に入れるのが良いですね。文章の途中で入れるのであれば「僕も〇〇さんと同じように、旅行が趣味なんです」といった具合に入れるのが自然です。

 

2.相手に質問をする

返信率大幅アップのコツとして、質問を入れることというのがあります。

 

文章の最後が「。」で終わってしまうメッセージは、「あ、はい、そうですか」で終わってしまうためラリーが続きません。そこで「〇〇さんは××ですか?」といった具合に「?」で終わる文章を心がけましょう。
ただし、1つのメッセージにたくさん質問があると返信するのも大変で面倒になってしまうので1通に対して1,2個の質問で終わるようにしましょう。

 

3.メッセージでは必ず相手のプロフィールの内容に触れておくこと

自分のことだけをつらつらと入力しているメッセージほどどうでもいい物はありません。しかも、ウザいのは「あなた本当に私に興味あるの?」と思うような内容です。たとえば、プロフィールに書いてあるのに、同じことをメッセージで聞いてくるとかです。

 

プロフィールには趣味:旅行、としっかり記載していたのにメッセージで「〇〇さんの趣味はなんですか?」コレです。どこ見てんだよ、書いてあるだろ!?と突っ込みたくなります。ですので、メッセージを送る前に必ず相手のプロフィールを熟読しておくことと、できれば1つ以上の共通点を探しておくことをオススメします。

 

相手が旅行好きだったら、「俺も旅行が好きで最近△△に行ってきたんですよ!」といった具合に話のネタにもなりますね。

 

 

理想の文字数

ファーストメッセージというのはついつい長文になりがちです。

 

読んでくれるとそのまま返事をくれることも多いので、自分のことだったり相手への質問だったりと文字数いっぱいに・・・となってしまいそうになるのをぐっとこらえて、ファーストメッセージは出来れば200文字〜300文字程度で終わらせておくと簡潔でスムーズに読むことが出来るのでオススメです。

 

因みに、ハッピーメールのメッセージの文字数は最大800文字となります。

 

長文のメッセージは、仲良くなってから送るようにしましょう。仲良くなって長文でのラリーが続くとメアドやLINEを交換しやすくなりますよ。

 

 

まとめ

読みにくいメッセージ、読みやすいメッセージ、返信率のアップする内容、というのは最初から完璧に行うのは難しいです。最初は返信がなくても、メッセージというのは書けば書くほど上達していきます。是非、諦めずに繰り返しメッセージを入力して上達してみてください。

 

また、メッセージを送る前に一度自分のプロフィールをしっかりと確認して抜けてることがないか、不備がないかもチェックしておくようにします。メッセージを送る前に一度相手のプロフィールを熟読しておくことも必須です!!